転職面接において一次面接と二次面接で同じ質問がされることは多々あります。

しかしながら転職活動者側からすると面接官の意図が分からず、混乱してしまうこともあるでしょう。

今回は一次面接と二次面接が同じ内容だった場合の注意点や、その理由などについて解説していきます。

一次面接と二次面接が同じ内容の場合の注意点

オフィスにいるキャリアウーマン

一次面接と二次面接では同じような質問をされる場合があります。

その際に注意すべきなのは同じ質問だからとひねって他の回答をしてしまわないようにするということです。

内容は同じであっても、一次と二次で面接官が違うケースもあります。

また、同じ面接官であっても内容ではなく態度や話し方などを見ている可能性もあるでしょう。

内容について深掘りしたいと思って、同じ質問をしている可能性というのも十分にあります。

もし一次面接と違う回答をしてしまった場合、一貫性がないと見做される可能性も考えられるでしょう。

そうしたリスクを避けるために質問の答え方には注意が必要です。

二次面接は管理職が面接官をすることが多い

スーツ姿の女性

一次面接を通過した場合、そのまま二次面接に進むこととなります。

二次面接では一次面接と違って管理職によって面接が行われるケースが多いようです。

管理職というのは企業における中心人物の1人であるため面接での印象は重要となります。

そのため質問に対しての答え方には十分な注意が必要です。

同じ質問が繰り返されたとしても慌てずに自分の思っていることを再度伝えるようにしましょう。

もしその回答に対して質問された場合にも、その考えを肉付けするような形で自分の想いを伝えれば問題ありません。

焦ることなく対応していきましょう。

同じことを繰り返して答えるのはアリ?

まるとばつの札を持つ女性

同じ企業に対して同じことを繰り返して答えてはダメなのではないかと考える方もいるでしょう。

しかし質問に対しての回答というのはそう頻繁に変わるものではありません。

企業は嘘の答えを知りたいのではなく、本心を知りたいと考えています。

そのため同じ答えを繰り返しても何ら問題ありません。

また、その際一次面接で話したから、話を省略しようとはしない方が良いでしょう。

面接官が違う場合、相手はあなたの質問に対する答えを知りません。

そのため省略して話してしまうと、質問に対しての答えの一部分しか理解ができないことになります。

そのため同じことであっても最初から最後まで省略をせずに話すようにしましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


二次面接用の準備が必須

パソコンに向かう女性

一次面接では主に人数を絞り込むために行われるものです。

しかし二次面接からはそこからそれぞれの転職希望者の人となりや能力、価値観などを見極める場へと変わります。

企業が求める人物像と合致しているかどうかということを質問や振る舞いなどから確認していくのです。

そのため一次面接から更に話す内容や逆質問などをブラッシュアップしていく必要があるでしょう。

先述したように二次面接では管理職が面接官を担当することも多く、自社に欲しい人材かを確認する場です。

自分の強みをアピールできるように対策を行っていきましょう。

二次面接で必要な対策をチェック

電話をかける女性

それでは二次面接で具体的にどのような対策を行っていけば良いのかをご紹介していきます。

自分のことを伝えるためには以下のようなことを重点的に行っていきましょう。

企業理解を深めておこう

企業理解を深めるのは転職活動を行う上で必須の対策といえます。

企業のホームページに載っているような情報というのは知っているのが前提で話が進むと思っておくと良いでしょう。

企業に対しての理解を深め、逆質問をされた時も困らないように自分の中での企業に対しての疑問点もあらかじめまとめておきます。

そうすることによって面接本番でもスムーズに言葉を発することができるでしょう。

面接官からも自社のことをよく知ってくれてると思ってもらえる確率が上がります。

一次面接の内容と一貫性を持たせよう

カバンを抱える女性

先ほど述べたように、一次面接と二次面接で質問への回答を変えるのはお勧めできません。

もしいっていることに一貫性が無いと見做されれば、信用できないと思われる可能性もあります。

自分の本当の気持ちを述べれば転職への熱意も伝わるはずです。

企業や選考によって答え方を変える必要はありますが、答え自体を変える必要はないということを覚えておきましょう。

自分の意見を話せるようにしよう

面接は自分のことをプレゼンする場所です。

二次試験ではその傾向が更に高まっていきます。

そのため自分の意見をきちんと自分の言葉で表現できるということが重要視されていくでしょう。

当たり障りのない言葉で表現していては、他の転職希望者と自分の特徴を差別化することはできません。

自分の意見をしっかりと話せるようになることで、面接においてもポジティブな印象を与えられるでしょう。

そのためには自分の中に存在している意見に対して自覚的になる必要があります。

自己分析をするなどして自分自身と向き合うことで物事への考えも固まってくるでしょう。

キャリアプランを明確にしよう

二次面接ではより深くその人材のことを知りたいと面接官は思っています。

そのためキャリアについても具体的に質問されることでしょう。

そうした質問に詰まることなく答えるにはキャリアプランを事前に明確にしておく必要があります。

転職した後にどのようなキャリアを目指していきたいか。

それが明確になっていれば、企業側もその後どのような形で仕事をしてくれるか具体的に想像ができます。

面接官に入社後のことを想像させるというのはとても重要なポイントです。

働いている姿を想像できるような具体性が重要となるでしょう。

準備しておきたい回答とは

スマホを操作する女性

面接で聞かれる基本的な質問というのはある程度決まっています

そのため事前に回答を準備しておくことが出来れば、思ったことを的確に伝えることができるでしょう。

何も用意せずに本番を迎えて言葉に詰まってしまうと、本当に自社に入りたいのかと疑問に思われてしまう可能性があります。

準備しておきたい回答について解説していきましょう。

企業への入社意欲を伝える

二次面接では企業への入社意欲を明確に伝えることが大切です。

そのため「内定を出したら入社しますか」などと入社の意欲を伝えられた際には前向きな答えをしましょう。

具体的には「御社が第一志望です」などと入社する意思があることを伝えることが大切です。

企業はどれだけ優秀であっても入社しない人材には興味がありません。

そのため、明確に意欲があるということをアピールできるような回答を事前に考えておきましょう。

企業や事業に対する理解度を伝える

面接に向かう女性

企業理解に関しては逆質問でその理解度を伝えることができます。

そのため事前に企業に関して調べた際に、逆質問の内容を考えておくと良いでしょう。

どれだけ深く自社について理解しているか確認するために企業は逆質問をすることがあります。

これに答えるためには企業理解に時間を費やす必要があるでしょう。

事前の準備が何よりも大切となるのが企業理解についてだといえます。

自分の将来のビジョンを伝える

企業からの質問のなかで入社後の業務についても聞かれることがあります。

そういった質問の中では自分の将来のビジョンについても言及しましょう。

具体的であればあるほど、面接官に対して入社後の姿を想像させることができます。

そしてそのビジョンというのが企業の考える理想像と近かった場合、内定の確率がかなり上がることでしょう。

曖昧であったり伝わりにくかったりすると、あまり将来のことを考えていないのだという印象を持たれてしまいます。

事前に自分の将来のビジョンについての具体的な回答を用意しておくと良いでしょう。

 

無料転職相談をして理想の転職を実現しよう

 

一次面接から二次面接までの期間で考えの変化はアリ?

不安そうな女性

一次面接から二次面接の間に回答にも変化が生じる可能性があります。

そのような場合には回答を変更しても良いのでしょうか。

ここではOKとNGの場合に分けて解説します。

OKな場合

一次面接と二次面接で回答を変える場合、根本的な部分を変えることは避けた方が良いでしょう。

何故なら、面接官は一次面接で聞いた回答に興味を持って二次面接でも同じ質問をしている可能性があるからです。

しかし根本的な考えは一緒で細かい部分での変化というのは問題がないでしょう。

また、二次面接で答える場合には一次面接よりも具体的に答えることを心がけると高評価に繋がります。

NGな場合

退職理由志望動機などの回答を根本から変更したいと考えている場合には止めた方が良いでしょう。

一次面接で答えた内容と違った場合、不審に思われてしまう可能性があります。

本当のことを話していないんじゃないかという疑いをもたれる可能性もあるでしょう。

そのため、こうした重要な質問に対しては一貫した回答を意識することが大切です。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


二次面接時の気をつけるべきこと

面接

二次面接では一次面接とは異なる質問が投げかけられることもあります。

他にも一次面接とは雰囲気が異なるため、戸惑うということもあるでしょう。

ここではそうした戸惑いを含め、二次面接で気をつけるべきことを具体的に解説します。

質問内容がより現実的になる

一次面接では企業や事業に対して尋ねられる場合も、そこまで深く質問されることは無かったかもしれません。

しかしながら二次面接から企業側は具体的に内定者を選ぼうと動き出します。

そのため質問内容も具体的かつ現実的になってくるのです。

そうした質問に答えるために企業研究自己分析といったものがより一層大切になってきます。

質問に正確に答えようとし過ぎて熱意が伝わらない

考える女性

質問に対しての答えを用意しすぎても、自身の熱意が伝わりづらくなってしまいます。

面接官は何十人もの転職希望者を見ていますし、答えを用意してきたこともバレてしまうでしょう。

暗記して答えているだけでは本当に入社したいのか疑問に思われてしまう可能性もあります。

ある程度質問への回答内容は決めつつも、一字一句決めるのではなくその場に合った言葉で伝えるように意識しましょう。

アピールポイントが多過ぎると本当の強みがわかりにくい

面接で自分をアピールしたい気持ちが強すぎるあまり、どこが本当の強みなのか伝わりづらくなってしまうことも多々あります。

そのため自分の強みを少数に絞って伝えることを意識すると良いでしょう。

その際には企業が求める人物像に対しても理解しておくと更に強みが伝わりやすくなります。

社風や社訓などからどのような人材が求められているのかを知ることでアピールポイントを絞っていきましょう。

自分の長所を評価してもらうのには何をアピールすれば良いのかを明確にすると伝わりやすくなります。

間違った敬語・丁寧語を使ってしまう

面接では言葉を丁寧にしようとするあまり、間違った敬語や丁寧語を使ってしまう可能性があります。

特に二次面接以降では管理職相手での面接となることも多く、萎縮してしまうこともあるでしょう。

言葉遣いを丁寧にしようと思うことは大切ですが、間違った敬語や丁寧語を使うことは避けなければいけません。

そのためにはあまり緊張しすぎないような対策が必要となるでしょう。

面接対策をしっかり行うなど、準備万端であれば過度な緊張状態にはならないと考えられます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

退職

面接について考える上で今回のような悩みというのは幾つも湧いてくるでしょう。

そんな時に頼れる人がいれば、不安な状況で本番に臨む必要もなくなります。

もし転職活動が不安なのであれば、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

プロの目線から様々なサポートを行ってくれるため、安心して転職準備を行えます。

選考書類の作成であったり、模擬面接であったり、転職活動を万全な体制で行っていくことができるでしょう。

この機会に是非、転職エージェントを活用することを視野に入れてみていただければと思います。

まとめ

本を開くスーツの女性

今回の記事では一次面接と二次面接が同じ内容であった場合の注意点などについて解説してきました。

同じ企業の面接であっても同じ質問をされるということはよくあります。

しかしながらそこではあまり深く考えずに自分の思った通りのことを答えることが大切です。

また二次試験では一次試験までとは違った対策が必要となります。

今回紹介した注意点などにも気をつけて面接官から良い評価を貰えるように対策を行っていきましょう。

もし転職活動に不安がある場合には転職エージェントを活用すればサポートしてもらうことが出来ます。

必要だと思う方は是非この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!