雇用保険被保険者証転職時に必要となる重要な書類ですが、普段目にする機会がなくよく知らないという方も多いです。

雇用保険被保険者証の重要性を理解し、しっかりと管理することで転職の手続きがスムーズに進みます。

そこでこの記事では、雇用保険被保険者証について大切なことをまとめました。

また混同しやすい離職票との違いについても解説しています。

紛失したときの対処法といった役立つ情報も紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

Contents

転職時の雇用保険被保険者証の必要性

雇用保険関係の書類

雇用保険被保険者証は、転職先の会社に必ず提出しなければならない書類です。

雇用保険被保険者証が提出できないと雇用保険の再開手続きができず、自分が困るだけでなく会社にも迷惑がかかります。

ちなみに必要な情報は記載されている被保険者番号で、会社が変わっても番号が変わることはありません。

どうしても転職時に雇用保険被保険者証がすぐに用意できない場合は、被保険者番号さえわかれば大丈夫なことも多いです。

基本的には転職時以外も必要なタイミングがあるので、退職時に会社から受け取った後は大切に保管しましょう。

雇用保険被保険者証を使うタイミング

ハローワークの建物

雇用保険被保険者証を使うタイミングは、大きく分けて転職時失業時です。

失業時は失業保険の給付を受けるために、前職で雇用保険に加入していたことを証明するため必要となります。

また教育訓練給付金を受けるときも同様に必要です。

一方転職時は雇用保険を再開する手続きを行うために、提出するよう求められます。

退職の際に郵送または手渡しで会社から受け取ることができるので、なくさないようにしてください。

転職時には必ず必要

ビジネスウーマン

転職時は雇用保険の引継ぎを行う必要があるため、雇用保険被保険者証は必須です。

転職先の会社は転職者の被保険者番号を元に、迅速に手続きを行わなければなりません。

そのため入社前に採用担当者から雇用保険被保険者証を持参するよう、連絡されることが多いです。

提出日は入社手続きを行う初出社日となります。

万一紛失した場合は、早めに再発行の手続きをしておきましょう。

失業保険の給付をする時に必要

失業認定申告書

退職後に失業保険の申請を行う場合は、ハローワークで雇用保険被保険者証の提示を求められます。

退職時に会社から受け取っていない場合は、会社に確認してみましょう。

またはハローワークの窓口で再発行の手続きをすることも可能です。

他に身分証明書や印鑑、受け取り口座などが必要となるのであらかじめハローワークのHPなどで確認しましょう。

手続きが完了すると雇用保険資格者受給者証が渡され、基本手当(失業手当)が受給できるようになります。

教育訓練給付金を受ける時に必要

日本のお金

失業保険と同様に、教育訓練給付金を受けるときにも雇用保険被保険者証が必要です。

教育訓練給付金とは、労働者のスキルアップに活用する費用として使うことのできる給付金です。

給付を受けるためにはハローワークで手続きを行います。

教育訓練のために受講した費用が20%(最大10万円)支給されるので、転職を有利に進めるため積極的に活用しましょう。

ちなみに教育訓練給付金には、一般教育訓練給付金と専門実践教育訓練給付金の2種類があります。

離職票との関連性は?

離職票と男性

離職票は正式名称を「雇用保険被保険者離職票」といい、雇用保険被保険者証と似ているものの実際は完全な別物です。

ただし離職票を受け取るタイミングは、退職時であり雇用保険被保険者証と同時のケースが多いでしょう。

大体退職してから10日前後で受け取ることができます。

大きな違いは雇用保険被保険者証が転職時と失業時で必要なのに対して、離職票は基本的に失業時のみ必要です。

会社によっては退職した事実を確認するため求められることもありますが、大抵は必要とされないでしょう。

雇用保険被保険者証は雇用保険に加入していたことを証明する

雇用保険の労働時間

雇用保険被保険者証は、雇用保険に加入していたことを証明する書類です。

雇用保険に加入すると発行され、多くの場合雇用保険料が給与から天引きされます。

雇用保険被保険者証は会社で保管していることが多く、退職まで目にする機会がないというケースが大半です。

ちなみに雇用保険の対象となるには条件があり、1週間に20時間以上・31日以上の継続雇用があげられます。

条件さえ満たしていれば、パートやアルバイトの非正規社員でも対象となるのです。

離職票は退職したことを証明する

離職票の書類

離職票は退職したことを証明する書類で、退職時に雇用保険被保険者証と同時に交付されます。

ハローワークで失業保険の手続きをする場合に必要です。

離職票には「離職票-1」と「離職票-2」があり、2枚で一組となっています。

離職票-2は退職理由が記載されているので、実際の理由と相違ないか念のためチェックするのがおすすめです。

ちなみに自治体によっては、退職証明書類として国民健康保険の加入手続きで使うこともできます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

雇用保険被保険者証はいつもらえるの?

退職届のイメージ

雇用保険被保険者証は退職した後にもらえるのが一般的です。

直接手渡しされるか後日郵送されるので、会社に確認しておくと安心でしょう。

あくまで雇用保険被保険者証は労働者個人のものなので、会社は退職時に渡すのが基本です。

それでも万一会社から渡されない場合は、ハローワークで再発行手続きを行いましょう。

必要な書類を用意して窓口に行けば、即日交付が可能です。

退職日に返却される

退職届

多くの場合、退職日から大体10日程度で雇用保険被保険者証が会社から返却されます。

元々は労働者個人のものですが、雇用保険加入時ハローワークから会社に送付されそのまま保管しているケースが多いです。

個人で紛失するリスクを回避することもできます。

そのため初めて就職した会社で雇用保険加入の手続きをしてから、全く目にすることがない人もいるのです。

退職する際には、念のため会社に受け取ることができるか確認しておきましょう。

転職先には原本を渡そう

契約

雇用保険の引継ぎを行うため、転職先の会社からは入社日に雇用保険被保険者証の提出が求められます。

基本的には原本を渡すのが原則です。

大抵はあらためて会社で保管されることとなり、また退職するときに返却されます。

そのため失業保険の給付を受けてからも、雇用保険被保険者証は紛失しないよう大切に保管しておきましょう。

万一紛失してしまった場合は、早急に再発行手続きを行ってください。

返却されない時

時計と本

会社から返却されない場合、ハローワークで再発行の手続きを行います。

手続きには「雇用保険被保険者証再交付申請書」への記入と本人確認書類が必要です。

ハローワークの窓口で行う手続きの他に、郵送の手続きや電子申請もできます。

ただし即日交付を希望する場合は、直接窓口に行って手続きしてください。

ハローワークは基本土日祝日が休みなので、行くのが難しい場合は委任状での手続きも可能です。

雇用保険被保険者証が間に合わない時

期限

雇用保険被保険者証が転職先の会社に提出できないときは、素直に申告しましょう。

例えば紛失していたことに気づかなかった、あるいは郵送での再発行手続きが間に合わなかった場合などが想定されます。

もちろん直ちに再発行の手続きをすることになりますが、実際転職先の会社が必要としているのは被保険者番号です。

雇用保険被保険者証がなくても、被保険者番号がわかる雇用保険受給資格者証といった書類があれば手続きが進められます。

また紛失したリスクを考えて、雇用保険被保険者証を受け取った直後にコピーを取っておくのもおすすめです。

雇用保険被保険者証の有効期限は

1月の卓上カレンダー

雇用保険の被保険者番号は会社が変わっても引き継がれますが、雇用保険被保険者証には有効期限があります。

有効期限は退職後に転職しない期間が7年間継続した場合です。

女性であれば、多い事例で出産後育児に専念していたケースが想定されます。

7年が経過した時点で被保険者番号が抹消されるため、再就職した際は雇用保険被保険者証の再交付を受けることが必要です。

新しい雇用保険被保険者証には、新たな被保険者番号が発行されています。

雇用保険被保険者証を紛失した時の対処法をチェック

クエスチョンマーク

雇用保険被保険者証を紛失してしまった場合は、再発行の手続きをする必要があります。

在職中であれば会社側で手続きを行ってもらえますが、退職後は自分で手続きを行わなければなりません。

再交付を受けるには、まず雇用保険被保険者証再交付申請書に必要事項を記入します。

記入できたら必要書類を用意し、最寄りのハローワークへ提出しましょう。

郵送手続きや「e-Gov」での電子申請も可能です。

雇用保険被保険者証は再発行できる

仕事探し

雇用保険被保険者証はハローワークの窓口で再発行し、即日交付を受けることが可能です。

記入が必要な雇用保険被保険者証再交付申請書は窓口に備え付けてあるほか、ハローワークのHPからも印刷できます。

申請書には氏名・住所・生年月日などの個人情報や、雇用保険の取得年月日・最後に雇用された事業所名などが必要です。

また再交付の理由についても記入する欄がありますが、「紛失」と記入するだけで問題ありません。

さらに被保険者番号の記入欄は、不明な場合空欄のまま提出して大丈夫です。

再発行に必要な書類をチェックしよう

セピア色の運転免許証

再発行に必要なのは、まずシャチハタ以外の印鑑退職した会社の名称・所在地がわかる書類です。

退職した会社の名称などについては、再交付申請書への記入で必要となります。

合わせて、運転免許証やマイナンバーカードなどの顔写真付き本人確認証明書の提出が求められます。

顔写真付きの証明書がない場合は、健康保険証と住民票の写しなど2点提出しなければなりません。

ちなみに自宅で電子申請を行う場合は、電子証明書も必要です。

雇用保険被保険者証で経歴がバレる?

プロフィールの文字

雇用保険被保険者証には雇用保険の加入日前職の会社名記載されており、簡単な経歴はわかるようになっています。

ただし加入日や会社名が記載されているのは「資格取得等確認通知書」の部分であり、切り離すことが可能です。

転出先の会社には被保険者番号さえ申告すればいいので、被保険者番号の部分のみ提出しても差し支えありません。

そのため雇用保険被保険者証は、あらかじめ左右に分けられる様式となっています。

必要なのは、氏名・生年月日・被保険者番号が記載されている部分です。

転職先は転職回数や職歴がわかるの?

履歴書と職務経歴書

転職回数職歴については記載がないため、雇用保険被保険者証から転職先の会社に伝わることはありません。

一方ハローワークは被保険者番号で紐づけしているため、雇用保険に加入した期間や会社名を把握しています。

しかしたとえ会社から聞かれたとしても、ハローワークが情報を提供することはありません。

ただし手続きの確認で、ハローワークから会社の保険担当に転職者の加入期間や前職の会社名を訊くケースがあります。

この場合は保険担当者から訊かれることになるため、正直に答えましょう。

履歴書に嘘を書くのはやめよう

黒板のフェイク文字

転職先の会社に経歴がわからないからといって、履歴書に嘘を書くのは絶対にNGです。

履歴書に嘘を書くのは経歴詐称となり、場合によっては解雇される可能性もあります。

当然会社からの信用は一気に下がるので、自分のためになることは一切ありません。

また雇用保険被保険者証の資格取得等確認通知書の部分を切り離して提出した場合、経歴詐称を疑われるリスクがあります。

履歴書にはこれまでの経歴を記入するのですから、理由がない限りは全て提出する方が好印象です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

雇用保険被保険者証に関する疑問

うるうる可愛い子犬

雇用保険被保険者証に関する疑問で多いのは、前々職でのものが手元に残っていた場合の対処法です。

転職時に必要となるのは前職の会社名が記載された雇用被保険者証なので、前々職のものは破棄して構いません。

前職のものさえしっかり保管しておけば、転職活動には困らないでしょう。

基本的には会社に預かってもらえるので、紛失を防ぐためにもお任せするのがおすすめです。

他に疑問点がある場合は、前職の会社やハローワークで確認しましょう。

困った時は転職エージェントに相談!

ビジネスウーマン

雇用保険被保険者証の関係も含め、転職時に困った場合は転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは、内定が決まった後も入社までしっかりアフターフォローを行ってくれます。

そのため求人の紹介だけでなく、相談すれば適切なアドバイスがもらえるでしょう。

また場合によっては、会社との間に立って必要な交渉を行ってくれます。

入社までの不安が軽減されるので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

オフィスにいる女性

雇用保険被保険者証は、転職時と失業時両方の場面で必要となる大切な書類です。

退職後に退職した会社から返却されるので、なくさないように保管しておきましょう。

万一紛失した場合も、ハローワークで再発行することが可能です。

転職先でスムーズに手続きが進められるよう、早めに準備することで幸先の良いスタートが切れるでしょう。

雇用保険被保険者証を有効に活用して、ぜひ転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら