転職の面接では志望動機や自己アピール以外にも質問されることがあります。

たとえば「最近読んだ本はなんですか?」「おすすめの本はありますか」というものです。

急に本の話をされて戸惑ってしまうことがないように、事前に質問の意図や回答例をチェックしておきましょう。

この記事では転職の面接で本について聞かれたときの対処法について解説します。

Contents

転職の面接で「最近読んだ本は?」と聞かれたときの必勝法は?

読書をする女性

転職の面接で「最近読んだ本は?」と聞かれたとき、どのように答えるのが正解なのでしょうか。

とにかく戸惑った様子を見せずに堂々と回答することが大切です。

面接官は何人もの応募者をみてきています。

そのため、回答する態度や口調などで希望者の話している内容が本当かどうかを見抜くケースも多くあります。

回答内容についてはこれから解説しますので、まずは回答する際の堂々としたものとできるようにしましょう。

そのためにもこれからお話する内容をしっかり把握して、事前の準備をしておくことが大切です。

「最近読んだ本は?」と聞かれたときの適切な回答方法は?

読書をする女性

面接官に「最近読んだ本は?」と聞かれたときの適切な回答方法について解説します。

どのような回答の仕方をすればスマートなイメージを持ってもらえるのかを考えていきましょう。

本の内容は簡潔に説明する

しっかりと本を読んでいる人にありがちなのがしゃべりすぎることです。

こんな本を読んで学んでいるんだとアピールしたくなり気持ちはわかります。

しかし、面接官は本の内容を知りたい訳ではありません。

そのため内容については簡潔に説明できるようにしておきましょう。

あらすじをダラダラと話すのはもっともNGです。

その本を相手に読んでもらうにはどこをどう紹介したらわかりやすいかを考えてみましょう。

本を読んでどうなったかまで答える

読書をする女性

本の内容ももちろん大切です。

ただ、もっと大切なのはその本を読んで自分がどう思ったかを伝えることになります。

ただ本を読んだというだけでは面接官に印象づけることはできません。

その本を読んで自分の思考や行動が変化したことを話せる本を選びましょう。

思考や行動に柔軟性がある点をアピールすることにもつながります。

面接で最近読んだ本を聞く面接官の意図とは?

積まれた本

面接官が転職の面接で「最近読んだ本は?」と聞くのはなぜでしょうか。

面接官の質問の意図をしっかりと把握することで回答も適切な内容にすることができます。

プレゼン能力を知りたい

自分が読んだ本について解説するということは説明能力が必要とされる行為です。

面接官はどんな本を読んだのかということよりもどんな説明をするのかに注目しているケースも多くあります。

つまり「最近読んだ本」をテーマとしてプレゼンテーションをすると考えましょう。

面接官に対して1冊の本をプレゼンテーションして購入してみたいと思わせること。

これが面接官が「最近読んだ本は?」と聞く意図であると考えましょう。

知識量を知りたい

本を読むことは知識を得ることにつながります。

つまり面接官はあなたが持っている知識の量を押しはかるために「最近読んだ本は?」と質問していることもあります。

仕事をするには幅広い知識が求められます。

日頃から読書の習慣がある人は知識量が豊富であることが容易に推測できるでしょう。

読書の習慣を確認することでどんな知識をどの程度持っているのかを知ろうという面接官の意図も含まれています。

何に関心があるのか知りたい

読書をする女性

一緒に仕事をしていくかもしれない人がどのようなことに興味関心を持っているのかも気になる点でしょう。

本の選び方でその人の趣味嗜好がわかることも多くあります。

そのため何に関心を持っていて、どんな目的でその本を選んだのかを聞くという意図があると考えましょう。

そこで重要となるのが紹介する本の種類です。

自分がどんなことを面接官にアピールしたいのか。

この1点をしっかり考えた上で紹介する本を選択することも大切です。

最近読んだ本として好印象を与える本とは?

読書をする女性

 

「最近読んだ本」として選ぶとよいのはどのような本でしょうか?

なんでもよいというわけにはいきません。

選んだ本で自分の思考を伝えるということを前提に本を選びましょう。

著者が有名な本

普段から読書の習慣がないけれど面接対策として本を読もうと考えている人にもおすすめなのがこれです。

著者が有名、最近流行している本などは面接官にもわかりやすいく理解してもらいやすいためおすすめです。

著者が有名である、流行しているということはトレンドに敏感というアピールにもなります。

読書習慣が豊富な人でもマニアックな本を選択するよりも一般受けする本を選んでおくと無難と考えることもできるでしょう。

面接官も読んだことがある本であれば意気投合するきっかけになる可能性も高くなります。

ただし、相手が内容を知っているということは説明をしっかり正しく行うことが大切です。

間違った捉え方や説明をしてしまうとマイナスな印象を与えてしまうこともあるため注意が必要となります。

本選びに迷ったら本屋に行って、平積みしている本のなかから選ぶという方法もおすすめです。

業務と関係のある本

業務内容と関係ある本は無難な選択といえるでしょう。

転職を前にしっかりと業務について理解しようとしている姿勢をアピールすることもできるからです。

学ぶ姿勢は仕事をしていく上で重要となります。

業務内容と関係がある本であれば面接官も理解しやすく場の雰囲気をな和やかにすることもできるでしょう。

面接官の興味を引くような本

面接官に対して1冊の本をプレゼンテーションする。

つまりは面接官の興味を引くなよう本を選ぶことも大切です。

相手が興味を持たなそうな本を選んでいては、いくら説明しても相手の心には響かないでしょう。

仕事に関係がある、関係なくても面白そうだなと思ってもらえる。

そのような本を選択することで面接官との会話が弾むきっかけになる可能性もあります。

面接で避けたほうがよいジャンルとは?

本を取り出す女性

面接官に対してプレゼンテーションしやすい本を選ぶことは面接対策のひとつです。

ただ、いくら説明しやすいからといってもNGなジャンルが存在します。

面接で避けたほうがよいジャンルについて解説します。

漫画や雑誌

どのようなジャンルを選んでも問題ないのでは?と思うかもしれません。

ただ、面接官は「本」について聞いているため、ここでは漫画や雑誌は避けるのが無難です。

こちらは本に分類していたとしても面接官は漫画や雑誌を「本」として認めていないケースも少なからずあります。

漫画から学ぶことも多くあるでしょう。

雑誌も経済誌などビジネスに関連したものもあります。

そのため問題内容に感じるかもしれません。

とはいえ面接官からすると読書の範囲に含まれず、軽い知識しか持たない人という印象を与えてしまう可能性もあります。

漫画や雑誌から知識を得ることは悪いことではありませんが面接で力説するには適さないアイテムであるということです。

ライトノベル

漫画や雑誌と同様にライトノベルも避けたほうが無難なジャンルです。

漫画や雑誌と同様にこのジャンルを読書の範疇に含まない面接官もいます。

ライトノベルから学んだことをプレゼンテーションすることも以外と難しいケースが多いでしょう。

どのような本であっても同じではありますが、読書から感じることは人それぞれです。

ライトノベルにおいてはどの登場人物に重きをおいて読み進めるかで捉え方が変わることもあります。

恋愛小説や家族小説、サスペンスなども軽い印象を与えてしまう可能性が高くなるでしょう。

面接官が知らないような本

本とノート

では知識がたくさん詰まった分厚い本を選べばよいのかというとそれも1歩間違えるとマイナスになる可能性があります。

身の丈にあわない本を選ぶと自分が大変な思いをすることになるからです。

たとえば、シリーズものの哲学的な本を選んだ場合、面接の短時間で解説できるでしょうか。

面接官が知らないようなマニアックな本を選んだ場合、内容を説明するだけでかなりの時間を要してしまうことも想定できます。

面接官が興味を持たない、まったく知らないような本を選ぶことは避けましょう。

難解で複雑すぎる本は内容が誤解されやすく解釈の違いがマイナスとなる可能性もあります。

まったく本を読まない人はどう対処する?

本とコーヒー

漫画しか読まない、雑誌しか読まない。

そんな人もいるかもしれません。

本を読まない人がいきなり「最近読んだ本は?」と聞かれると動揺してしまうでしょう。

だからといって嘘をつく必要はありません。

嘘をついても必ずバレてしまうので、返って印象を悪くしてしまいます。

転職の面接を受ける場合には、本についての質問をされることを想定して読書をしておきましょう。

たとえ1冊でもしっかりと読み込んでプレゼンテーションできるようにしておくことも大切です。

もしも本に関連した質問がされなかったとしても、本を読んで得た知識は自分のものになります。

転職を機に読書の習慣をつけてみることもおすすめです。

最近読んだ本を聞かれたときのNG例

積まれた本

面接で急に本についての質問をされると戸惑ってしまう人が多いでしょう。

対策をしておけば問題ありませんが、できるだけ次のような回答はしないようにしておくことが大切です。

「本は読まない」はNG

「本は読まない」と回答するのはもっともNGです。

これを言ってしまうと質問がここで終了してしまいます。

せっかく質問してもらい、自分のアピールをするチャンスをもらったのにむだにすることになるでしょう。

読書をしないということは勉強する習慣がないと捉えられる可能性も高くなります。

業務上、向上心や勉強意欲がない人は一緒に仕事をすることが難しいと判断されてしまうでしょう。

転職面接を受けるのであれば最低でも1冊は本を読んでおくことをおすすめします。

読んでいない本はNG

紹介できるような本がない場合にありがちなのが読んだことのない本を回答してしまうことです。

これはかなりのリスクを背負うことになります。

なぜなら突っ込んだ質問をされたときにボロが出て嘘がバレてしまう可能性が高いからです。

特にタイトルや著者が有名な本をあげてしまうと、面接官が読んだことがある可能性が高くなります。

こうなるとかなり具体的な質問が飛んでくる可能性が高まります。

嘘がバレれば当然、あなたへの信頼度は激減します。

信頼できない人とは一緒に仕事ができないと考えるのが普通でしょう。

自分をよく見せようとして嘘をついてしまうことがないように面接の準備はしっかりとしておくことが大切です。

女性向けのおすすめの本

読書をする女性

女性が転職活動をする上で読んでおきたいおすすめの本を紹介します。

業種によって読んでおきたい本は異なりますので、参考にしながら自分にあった本を探してみてください。

ビジネス書

ビジネス書では次のような本がおすすめです。

「AI vs 教科書の読めない子どもたち」新井紀子

「人間の未来 AIの未来」山中伸弥

「1分で話せ」伊藤羊一

「超一流の雑談力」安田正

「超習慣術」メンタリストDaiGo

このようにビジネスと紐付けることができる本は面接官からの印象もよくなります。

これらの本を読んでどのような点に感銘を受けたのかを解説しましょう。

また本を読んで自分が実際にどのような行動を取ったかを説明できるとより好印象をなります。

自己啓発書

自己啓発本は偏りすぎると思考に柔軟性がないのではと思われしまうため注意も必要です。

ただしうまくプレゼンテーションできれば向上心の高さをアピールできるためおすすめのジャンルでもあります。

自己啓発本では次のような本がおすすめです。

「人を動かす人になれ」永守重信

「優柔決断のすすめ」古田敦也

「君たちはどう生きるか」吉野源三郎

「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」岸見一郎/古賀史健

このように自分の内面を揺さぶるような内容の本を選択することもひとつです。

どのように感じ、どのような点が自分を変えてくれたのかが解説できるとよいでしょう。

転職のためにどんな本を読めばよいのかエージェントに相談してみよう

読書をする女性

読書の習慣がない人がいきなり自分で本を選んで読むということはかなりハードルが高いでしょう。

書店に足を運んでも膨大な量の本に圧倒されて何を読めばよいかわからないこともあるはずです。

手当たり次第に買ってはみたもののなかなか読み進められずに挫折するということもありがちです。

そこでおすすめなのが転職エージェントへの相談です。

転職エージェントは豊富な知識を持っているため転職活動で有益になる本も紹介してくれます。

読みやすくあなたの転職活動に役立つ本を紹介してもらうことができるでしょう。

挫折しそうになっても、読み方のコツやポイントなどをアドバイスしてもらうことで読破に近づけます。

1冊の本を読破することは自信にもつながります。

普段から読書の習慣がある人は、どの本をプレゼンテーションすればよいのかを相談してみましょう。

面接で好印象を持ってもらうための解説の仕方などもアドバイスしてもらえます。

まとめ

読みかけの本

転職面接では思わぬ質問をされることもあります。

「最近読んだ本は?」という質問もそのひとつでしょう。

何の準備もせずに面接に向かうと、こうした質問をされたときに思わず素の自分が出てしまいます。

そうならないためにも、事前にしっかりとした対策を取っておくことが大切です。

せっかく掴んだチャンスをむだにしないためにも転職エージェントをうまく活用しながら面接対策を進めていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら